エーレフルヒト Vor Dem... 特設サイト

消えてしまったのなら作り直そう 見えなくなったなら新しく行こう いつも今と未来に生きられるよ vor dem…

アルバムの概要

エーレフルヒト初の自主制作ミニアルバムです。
ライブでの人気曲「レベランス」「逃避する階」「理想の模様」にアコースティック曲であった「発信証」のエレクトリックバージョンとテーマ曲(朗読)「vor dem...」、そしてベースのまるさんによる新曲「カッコウ時計協会」を加えた全6曲...
テーマは「今を生き、新しい自分になるために第一歩を踏み出す勇気」です。

"vor dem..."の意味

タイトルの「vor dem…(フォア デム)」はドイツ語の文章の一部であり、これだけでは意味を持ちません。
この言葉をエーレフルヒトに重ねた時、タイトルの先に続く言葉はどんなものになるのか、そんな未来へ想いを馳せ選びました。
同時にエーレフルヒトは決まった型にとらわれず、あるがまま、思うがままにさまざまな方法で表現する、そんな集団でありたい...そんな願いも込めて選んだタイトルです。

ともみ

きっかけ

バンド活動が完全未経験のともみさんを中心にエーレフルヒトを始めたのが2015年6月でした。
出会って少し話しただけでエーレフルヒトのコンセプトが浮かんできて、お互いにはっきりとしたゴールは見えているのにライブではメンバーが足りなかったり、技術が足りなかったりで頭の中にある表現が追いつかない...
そこで、「CDであれば何度でもリテイクして納得いくまで突き詰めて自分たちの100%が表現できるのではないか」と思い、結成一年を節目としてCDを作ることにしました。
当初は代表曲3曲をまとめたシングル的なものをと考えていましたが、ぶつ切りに曲を寄せ集めたCDというのがどうしてもイヤで大切な言葉「vor dem...」をコンセプトに6つのパーツでひとつの物語を作るという結果に至りました。

配信などで楽曲が1曲単位でお手軽に切り売りされてる時代、それにもいい面はありますが「アルバムの最初から最後まで通して聴けるものが作品」というアルバム本来の役割を持ったものが絶滅しかけているという悲しい現実もあると感じています。
そこで、アルバム本来の役割を果たせるものを作りたいと思いそれがこのミニアルバムのきっかけになりました。

このミニアルバムはシャッフル再生とかで聴くのではなくて映画のように最初から最後まで聴いて、言葉にはしていないメッセージを感じてほしいアルバムです。

しぶ

サウンドコンセプト

エーレフルヒト(黒)の楽曲は決して万人受けするものではなく聴きにくいと感じる人も多いと理解しています。
なので当初は「楽曲はとっつきにくいけど、耳ざわりはよいもの」を作ろうというコンセプトで進めていました。
それを目指した結果、レコーディングの序盤から終盤までリテイクの連発...
良いフレーズがとれても音質が気に入らなくてリテイクしたり、トラック単位ではパーフェクトなのにミックス時にどうしてもなじまなくてリテイクしたり...
好きなインディーズバンドのCDを意識しすぎて自分を見失ったり...
体力と時間とお金ばかりが消費されていく中で「聴きやすいに近づければ近づけるほど音楽が無機的になって自分たちの魅力が消えて行っている」という恐ろしい矛盾に気づきました...

今のエーレフルヒトの魅力って主にともみさんにあって、感情をこめすぎて声がひっくり返ったり、感情によって声の大きさが小さくなったり大きくなったり、そういう繊細な部分が必要なんだと感じました。
聴きやすくすればするほどこの辺りの魅力が削られていく...
そこで、それまで収録していたテイクをいったんボツにして「音を外しても割れても致命的なミスがない限りは一発録音で」というサウンドコンセプトに変更しました。
感情的な部分を残すためにリップノイズやブレス(息継ぎの音)も消さずにボーカルはライブに近い感じで進めてゆくことのしました。
逆に、楽器隊はライブに近づけるとただただ聴き苦しいので音質を細めにして、音量も少し控えめにしてボーカルのライブ感を引き立てる役に徹することにしました。

その結果、音質が特殊で、少し荒々しく聴き苦しい点があるものになりましたが、その部分を含めて自分たちらしいものが詰め込めたと思っています。

しぶ

レコーディングでの経験

レコーディングの一番の思い出は、幼少期以来ですかね...床にうずくまり、「もう!録音したくない!自分の声を聞きたくない!やりたくないっ!」って、涙ながらにストライキを行ったことです。
録音を手伝ってくださるしぶさんには、大分お世話になりました。
私は、心の感情をまっすぐに表現できるのは、会話をするよりも、歌うことだと思っています。
レコーディングをしよう!と言われて、とても嬉しかったんです!私自身の生きてきた証を、私が唯一自信を持てる歌で残せるんだって。
実際、レコーディングに入ると、緊張感と正しい音程と、たくさんの見えない不自由さに押しつぶされました。
録音をした声を聞くほどに、現実が見えました、私の自信はこんなものだったのかと。
楽しくないなぁ。泣きながらも、喚きながらも、それでも気がついたらここまで来られました。
最後に受け入れたのは、普通の私のありのままにある等身大の声です。
ここまで付き合ってくれる、良い方々に巡り会えたこと、本当に嬉しく、幸せ者だと痛感します。

ともみ

メンバー一同こだわりやさんが集まってるので、締め切りの決まっていないレコーディングは無限に終わらないなと感じていまして、それと同じ思いを持ったアーティストと一緒に「合同レコ発イベント」を開催するという方法でお尻に火をつけてみました。
だいぶ昔にレコーディングをしたことがあったのですが、当時と比べて腰が抜けるほどのテクノロジーの進歩に最初は興奮しました。
でも、テクノロジーに頼れば頼るほどどんどん無機的になって行って、締め切りにも追われとにかく焦らされる毎日でした…
テクノロジーに頼らず自分たちの瞬間を閉じ込めようと決めても、閉じ込めたい瞬間の相違などからメンバー間で何度もぶつかったりしました。
しかし、まっすぐぶつかったからこそ新しい発見の連続でとても充実したものになりました。
レコーディングの先輩たちからは「あきらめてからが楽しくなる」と言われてたのですがまさにその通りでした(笑)
我々はあきらめたと言うよりは背伸びをやめた結果なのですが他のどこにもないような面白いCDができたと思います!

しぶ

人生初めてのレコーディングでしたが、普段のバンドとは違った緊張感がありました。
今まで曖昧になってた所や、リズムの取り方のクセが浮き彫りになってとても苦戦した印象があります。
みんな個人個人があれこれ試して凄く悩んで作った作品なので是非聴いて貰いたいです。

まる

聴いてくださる皆様へ

聞いてくださる皆様、興味を持ってくださる皆様、本当に嬉しく、ありがとうの気持ちでいっぱいです。
私は、初めは自分への自信からバンドで歌を始めました。
今は、続ければ続けるほどに、自信は削がれる一方です。
見えてきたのは、私はまわりの優しい方々に恵まれているから、ここまで続けられたのだということです。
第一歩を踏み出す勇気、最初はどんな気持ちから始めても大丈夫で、一歩踏み出せば、必ず知らない、違った景色が開けます。
人は前を向けば、たくさんのたくさんの力の在り方に気がつけるのです。
それを、エーレフルヒトの、私のなんでもない歌声や歌詞から伝われば幸せだなぁなんて勝手ながら思っています♪♪

ともみ

音質も音作りもコンセプトも時代に逆行したとっつきにくいアルバムだと思いますが最初から最後まで通して3回聴いてもらえたら声や音が見せるいろいろな表情のとりこになりどっぷりとはまっちゃうと思います!
音楽に限らずいろいろと魅力的なものであふれかえっていて溺れそうな時代ですが、このCDを手にしてくださったみなさまに最大限の感謝を込めて新しい発見が生まれるよう願ってます!

しぶ

普段のバンドではやらないCD限定の楽曲やアレンジが入っているので、CDでしか聴けないエーレフルヒトの部分を楽しんで貰えたらなと思います。

まる